「肌老化の原因は活性酸素」


老化の原因の一つに活性酸素があげられます。人間が生きていくうえで呼吸は欠かせませんが、
同時に身体の中では、この活性酸素が発生し、ありとあらゆる細胞を酸化させます。


当然のことながら老化が進むのは身体のごく一部というわけにはいきません。大切なお肌も例外
ではないのです。老化が進むのを抑える鍵となるのが酸化を抑えることです。


酸化を抑える働きとして、人間には酵素や補酵素が本来備わっているのですが、こういった酸化
を抑える働きは年齢とともに低下していくので、ある日ど~~んと老化が進んだように感じます。



「酸化を防ぐには?」


活性酸素は何もしなくても発生しますが、激しい運動をすると発生する量がより多くなりますので、
お肌のことを第一に考えれば適度な運動で適度な量の汗をかくのが一番です。


最近では、こうした活性酸素による肌老化を防ぐための化粧品が開発され、一般にも広く浸透して
います。こうした化粧品を使って活性酸素を抑えることが有効なエイジングケアとなります。


抗酸化成分として、ビタミンC誘導体やナイアシン、ポリフェノール類などがあります。これらの成分
がシミ、シワ、毛穴の開きなどから守ってくれるのでスキンケアに是非取り入れましょう!。



「抗酸化化粧品で質の高いエイジングケアを!」


抗酸化成分として代表的なのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体が配合されている化粧水
などを使用すれば、活性酸素によるダメージから大切なお肌を守ってくれます。


ビタミンC誘導体が活性酸素を除去することで肌老化を防ぐ働きがあります。30代後半に入ったら、
いかに肌老化を防ぐかが重要になります。40代に入ると一気に老化が進むからです。


その前の数年間にいかに肌老化が進むのを抑えるかが大きなカギとなりますので、そのための
下地をしっかり作るためにも、抗酸化化粧品を導入されることを強くオススメします。



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »