■蕁麻疹は内服が一般的


蕁麻疹(じんましん)は、皮膚のある部分がむくみ、不快な痒みを伴います。


幸い比較的短期間でその症状は改善されるものの、睡眠中に無意識の内に痒い部分を
掻いてしまい、肌トラブルに発展するケースが少なくありません。


しかも、蕁麻疹が厄介なのは、何度も繰り返す点です。


やっと痒みから解放されたと思った頃にぶり返すことも少なくありません。


蕁麻疹の治療法についてですが、蕁麻疹は刺激が症状を悪化させる可能性があるため、
塗り薬など「 外用薬 」を用いることは、ほとんどありません。


抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服が一般的です。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>






■刺激が大きな肌トラブルに!


蕁麻疹は一度は治ったようにみえて繰り返すことが多いです。


もし1ヶ月以上にわたって蕁麻疹の症状が繰り返す場合は、「慢性蕁麻疹」の可能性
が高く、一定期間、薬の内服を続けながら、徐々に薬を減らしていいきます。



また日常生活での注意点についてですが、食事や薬、刺激の強い光などが、明らかに
蕁麻疹の原因となっている場合は、それを避けることが予防策となります。



蕁麻疹が繰り返されると不快な痒みが生じ、寝ている間にかきむしってしまいます。
できるだけ肌を刺激しないように心掛けてください。過度な飲酒は控えましょう。





■日常生活で控えることとは?


入浴は清潔な状態にたもつためにも大切ですが、長湯は極力控えてください。


血管を拡張しすぎるので、余計に蕁麻疹の症状を悪化させる可能性があります。また、
食べ物に関しても刺激の強い香辛料は控えて、消化のよいものを中心に食べましょう。


蕁麻疹が生じやすい皮膚の場合、掻きむしると「みみず腫れ」となります。


これを人工蕁麻疹といい、同じようにストレスや不規則な生活も蕁麻疹を助長します
ので、毎日きちんと睡眠を取るなど規則正しい生活を送るように心掛けてください。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »