■肌トラブルも食による影響が大きい!


健康や美容は食によって決まるといっても過言ではないくらい、影響力があります。
栄養バランスが著しく偏ってしまうと、次第に健康にも大きく影響します。


ですので、「食の問題」が肌トラブルの原因にもなります


勿論「食」が全ての肌トラブルの原因ではありません。


中には原因不明のものもありますが、食によって肌トラブルから守ってくれる強い肌
になることはできますので、女性であればこれを目指すべきです。


良くも悪くも「見た目」が大きく問われてしまう時代です。


肌トラブルがお顔に慢性的に生じると、色々なことに神経質になってしまいます。


健康と美容は同じものです。食によって身体の内側から肌を強くする栄養を多く含む
ものを積極的にとり、ワンランク上の健康と美容を手に入れましょう。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>






■肌トラブルを解消する栄養素とは?


皮膚や粘膜の強化し、肌トラブルやしわを改善してくれる栄養素がビタミン類です。


特にビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンKは効果があり、
それぞれの健康・美容に関する効果は、以下のとおりになっています。





(1)ビタミンB2


ビタミンB2は、皮膚や爪、髪などの健康を促進します。


ビタミンB2は、単に成長を促進するだけでありません。動脈硬化、老化、がんを
ひき起こす原因とされる過酸化脂質の生成を抑えてくれる大変優れものです。


またビタミンB2が不足すると広角炎、舌炎、口唇炎、脂漏性皮膚炎の誘因となり
ますので、肌トラブルを解消する上で大きなカギとなります。


ビタミンB2は、うなぎ、焼き海苔、レバーなどに多く含まれます。




(2)ビタミンB6


ビタミンB6は、たんぱく質の代謝大きく影響します。


このため皮膚、髪、歯の健康を保つためには欠かせません。また、ビタミンB6は、
成長促進、脂質代謝、ヘモグロビンの合成にも大きく影響します。




(3)ビタミンC


ビタミンCは、ビタミンの王様です。美容にとって欠かすことができない存在です。


細胞結合組織、コラーゲンの合成を活発化し、血管、皮膚、粘膜、骨を強化する働き
もあるため、ビタミンCは、健康と美容の双方に強く影響します。



(4)ビタミンA


ビタミンAは、がんを予防する働きがあります。


また皮膚、粘膜の働きを維持する効果も強いですので、美肌効果も期待できます。



(5)ビタミンK


ビタミンKは、必要とする量の約半数は腸内細菌によって合成されています。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »