■老化によるお肌の病気に注意!


残念ながら人は必ず老い、死を迎えることになります。これは避けられないことです。
それにともなって肌も老化するわけですが、その過程で色々な問題があります。


まずお肌の表面にある角質層が水分を失います。そうなれば必然的に潤いがなくなり
ますので、お肌はカサカサになるわけですが、より劣化が加速することになります。


そこでかゆみが生じる「老人性皮膚よう痒症」という病気を患うケースが増えてます。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





■かゆみにより深刻な肌トラブルへ


老人性皮膚よう痒症は、発疹が生じるなど目に見える「 肌トラブル 」はありません。
しかし、かゆみが生じるのが特徴です。特に注意しなければならないのが「冬」です。


「冬場」乾燥するため、必然的にお肌も乾燥しやすくなるため、かゆみが増します。


あまりにも酷いと痒くて眠れなかったりします。また寝ている間に「かゆい部分」を
かきむしってしまうため、お肌を傷つけてしまうので、肌トラブルの中でも悪質です。





■寝ている間が要注意!!


特に冬には空気が乾燥することから皮膚は乾燥しがちで、症状が悪化します。


女性の場合気をつけたいのが足です。「 老人性皮膚よう痒症 」は、特に足が痒くなる
からです。かくと湿疹状態になり、さらにかゆくなるといった悪循環に落ちいります。


足の場合は寝ている間にかきやすいので、寝ている間に症状を悪化させやすいです。





■「老人性皮膚よう痒症」の治療について


最後に「老人性皮膚よう痒症」の治療についていですが、基本的に痒み止めや副腎皮質
ホルモン薬を含んだ外用薬をお肌の上に塗るのが一般的とされています。


老人性皮膚よう痒症の「かゆみの原因」は、皮膚の乾燥です。まず皮膚を乾燥させない
ことが何より大切です。30代後半に入ったら、本格的な保湿ケアが必要です。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »