「最悪の皮膚がんは?」


肌トラブルのなかで「皮膚がん」は、最悪の場合「死」にいたる可能性があるだけに最も警戒
しなければなりません。残念ながらすでに他人ごとでは済まされない状態にあります。


皮膚がんにはいくつか種類があります。 その中でも注意したいのが 「悪性黒色腫(あくせい
こくしょくしゅ)」で、移転するのが早いため死にいたりやすい点が特徴としてあげられます。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





「一般的な皮膚がんについて」


皮膚がんが発症する主な原因についてですが、表皮と真皮の間に「メラニン」をつくる細胞が
あり、ここに癌が発生します。とくに若年層は癌が広がるスピードが早いです。


日本では、「結節型黒色腫(けっせつがたこくしょくしゅ)」と、「末端部黒子様黒色腫(まったん
ぶこくしょうこくしょくしゅ)」の二つが「皮膚がん」の代表的なものとされています。


「結節型黒色腫」は、予後が最も悪いとされています。


「末端部黒子様黒色腫」は、転移が早いのが特徴としてあげられます。





「皮膚がんの特徴について!」


皮膚がんは20~60歳代と幅広い年齢層に発症し、発症しやすいのが足の裏と下肢です。
その次に顔や上肢となります。まれに爪下に発生することもあります。


ここ最近女性の間で大きな問題となっているのが、足の裏にできる黒いほくろ状の色素沈着
「悪性黒色腫」です。「前癌病変」が長く、病巣を形作り、浸潤が早いとされています。





「早期発見するためには?」


また皮膚面からもりあがっていて、6割以上が、以前からあった色素斑が急に大きくなって、
色が変色しています。もし違和感を感じたら、速やかに専門医に受診しましょう。


もし足の裏などにほくろがある人は、定期的にチェックし、早期発見に努めましょう。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »