■発疹がないかゆみの原因とは?


肌のトラブルの症状で最も多いのが発疹です。


発疹が生じると深いなかゆみに悩まされるケースが少なくありません。


しかし発疹が生じていないにも関わらず、皮膚がかゆいケースがあります。


こうしたケースに多くみられるのが、内臓の疾患が原因となって不快な「かゆみ」が
生じるも、「 かゆみ」以外には、これといった症状はありません。


ですので、体のどこにも「 発 疹」していないにもかかわらず、皮膚がかゆい場合は
体のどこが痒いのか、しっかり着目し、それに応じて治療しなければなりません。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>






■女性特有のかゆみについて


比較的多くみられるのが、発疹がないにもかかわらず、陰部および肛門周辺にかゆみ
がある場合です。そうした場合に比較的多くみられるのが「 おりもの 」です。


白い「 おりもの 」は、「カンジダ症」の可能性があります。


また黄色い「 おりもの 」は、「膣トリコモナス症」の可能性が高いです。


これらの症状が見られた場合、そのまま放置してはなりません。


皮膚科または婦人科できちんと診療してもらいましょう。





■こういった症状がでたらすぐに内科へ!


陰部および肛門周辺が夜になるとかゆく、一日を通して食欲不振である場合、かなり
「ぎょう虫症」の疑いがありますので、十分注意しなければなりません。


「ぎょう虫症」は、「ぎょう虫」が盲腸とその周辺に寄生し、夜に肛門から外に這い
出てきます。しかも肛門周辺に産卵するため非常に不快なかゆみが生じます。


もしこのような症状が見つかったら、家族全員がぎょう虫検査を受けなければなりま
せん。その場合には「 内科 」を受診することになります。


怖いのは、全身が痒くて、黄疸(おうだん)や全身の倦怠感があるケースです。


高い確率で、「 肝硬変 」を患っています。この場合も内科を受信しましょう!


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »