■発疹は肌トラブルの中で最も多い!



「 発疹 」は、数ある肌トラブルの中でも、もっとも多いとされています。


今回は「日常生活」でどのような点に注意すれば良いか、解説させていただきます。




「その1:入浴するさいの注意点」


肌トラブルを避けるためには、やはり常に清潔な状態を保つ必要があります。
ですので、毎日の入浴は非常に大切ですが、強い刺激は逆効果です。


肌に強い刺激を与える石鹸の使用は控えましょう。


またタオルで強くこするのも同様です。


やさしくマッサージする感覚で身体を洗います。



肌の生活を保つために、基本的に入浴時には石けんを用いますが、

タオルなどで強くこすったりして刺激を与えないようにします。




「その2:外用薬を使用するさいの注意点」


すでに発疹を患っている場合、「外用薬」を塗布するのであれば、
肌へ強くすりこまないようにしたほうがかえって効果が高まります。


湿潤している場合は、クリーム薬を使用してはなりません。


できるだけ二次感染を防ぐためにも発疹が乾燥するまでの間は入浴は控え、
シャワーで汗を流す程度にとどめたほうがよいです。


しかし、どうしてもというなら、40℃前後のぬるめの湯にしましょう。




「その3:かゆみがある場合の注意点」


発疹がある場合、必然的にかゆみが伴います。


ひっかいたりすると炎症をさらに悪化させてしまうので、
包帯でかゆい部位をまいて、かきむしらないようにしましょう。


とくに小さなお子さんに対しては、こうした配慮が必要です。




「その4:刺激をさける!」


大切なお肌に湿疹が出来る原因の大半が接触刺激によるものです。


湿疹を予防し、症状が悪化するのを防ぐには、直接皮膚を刺激するものを
避けなければなりません。特に衣類などは要注意です。


下着は常に清潔なものを身につけなければなりません。


また患部を直接、寒さや風、太陽光線に当てるだけでも強い刺激を与える
ことになりますので、十分すぎるくらい注意してください。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »