■湿疹はバカにできない肌トラブル!


湿疹(しっしん)と皮膚炎(ひふえん)は、残念ながら決定打となる原因が依然として
不明であるため、皮膚の炎症程度に取り扱われているのが現状です。


その症状についてですが、外的な刺激に皮膚が過敏に反応し、炎症を起こします。


やっかいなのは、不快なかゆみがある点です。


炎症だけの肌トラブルなら、数日もすればきれいになります


しかし、かゆみが生じてしまうと、寝ている間に皮膚を引っ掻いてしまいます。


このため深刻な肌トラブルとなってしまう可能性があります。


ただし外的刺激がなくなれば、自然にその症状も軽くなり、完治します。


また伝染することはないので、この点に関しては特に問題ありません。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





■湿疹の主な症状について


次に湿疹の症状についてですが、外的刺激に反応した皮膚が変化を起こすと、代表的な
症状として、皮膚が赤くなる「赤斑(こうはん)」ができます。


それ以外にも、小さなぶつぶつが生じる「丘疹(きゅうしん)」や、水や膿がたまる、
「小水疱」、「のう胞」などが、肌のうえに広がるようにできてしまいます。


やがて、かさぶたが生じ、このかさぶたが取れれば湿疹は治ります。


しかし、気にならない程度の色素沈着が残ります。


この程度ですめばよいのですが、さらに強い刺激が続いてしまうと、肌トラブルが拡大
します。最悪の場合は、「苔癬化(たいせんか)」となってしまいます。


湿疹の症状がさらに加速し、不快なかゆみが生じてしまいます。


ひっかくので、さらに肌トラブルが深刻化します。





■湿疹の効果的な治療方法とは?


最後に湿疹の治療についてですが、「軟膏」を塗ったり、ガーゼに「軟膏」をのばした
ものを患部に貼るのが一般的ですが、クリームを塗る場合もあります。


薬剤に関しては、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)の外用薬が一般的です。


しかしこれらを長期間にわたって使用することで、副作用が生じる危険性があります。


そうならないためにも、皮膚科医の指示に従わなければなりません。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »