■洗顔が肌トラブルを生む?


スキンケアというと、何か特別な美容に関するケアを行うことだと思いますよね。


しかし、スキンケアの基本は、何といってもしっかりお肌を洗うことなんです。


お肌の汚れが「肌トラブル」の元凶となりますので、汚れを残さないことが大切です。
しかし汚れを落とすことを意識しすぎて、必要なものも洗い落とす場合があります。


これはこれで肌トラブルとなってしまいますので、注意しなければなりません。


お肌が劣化してしまっては何の意味もありません。適切な洗顔が何より大切です。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>






■こうならないように注意しましょう!


お肌に必要なものまで洗い落とすと、お肌がつっぱる感じがします。


また、お風呂に入ったあとやシャワーを浴びたあとに、皮膚がかさつきます。


場合によっては、不快なかゆみを感じる場合もあります。つまりお肌の潤いまでも洗い
流してしまったことによって、このような「 不快な症状 」が起こります。


洗顔のさいに使用した洗浄料に含まれる成分が、お肌の汚れや古い角質層、不要な皮脂
だけを洗い流してくれるのであれば、こうしたことは起こりえません。





■洗い流してはいけないうるおい成分とは?


人間の肌には、血管以外にも皮脂を分泌する皮脂腺と汗腺があります。これらは皮脂膜
で覆われており、皮脂膜は皮脂腺から分泌される皮脂と汗が交じり合ったものです。


皮脂膜の需要な役割についてですが、皮膚の奥深くにある角層からの水分の蒸発を防ぐ
働きがありまして、これによってお肌の潤いが守られるわけですから非常に重要です。


皮脂膜の下にある角層や天然保湿因子、角層細胞間脂質などがあります。


この「角層」は、角層細胞が重なりあった層です。


皮脂膜と同様に、水分の蒸発を防ぐ役割を果たしています。


このためお肌の潤いに欠かせません。


また「天然保湿因子」は、お肌が生成する水溶性のアミノ酸、塩類をさします。


水分を捕まえて逃さない働きがあります。


最後に「角層細胞間脂質」についてですが、角層細胞と角層細胞の間を埋める脂です。
角層の水分をしっかりキープし、お肌のうるおいを保つ重要な役割があります。





■洗顔は汚れだけを洗い流すことが大切です!


上述したとおり、人間のお肌には潤い成分を生成する働きが元々あります。


ですので、これらを取り除いたら潤いも逃げてしまいます。


これらの潤い成分を残し、お肌の汚れだけをしっかりと落とすことが大切です。


とくにお肌の潤い成分は年齢とともに生成する働きが弱まりますので、いつまでも若々
しく瑞々しいお肌を保つためにも「 洗顔 」が何より大切です。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »