■季節に関係なく乾燥を防ぐには?


肌の乾燥は冬場だけと軽く考えている方が少なくありません。


しかし肌が乾燥しやすい方は肌トラブルを潜在的に起こしやすいので注意が必要です。
というのも肌の汚れであれば、洗顔などで比較的簡単に取れます。


しかしこれでは肌の「 乾燥 」は防げません。


乾燥を抑えるためには、その症状に合わせた適切な「保湿ケア」が必要となります。


洗顔の後や入浴した後の保湿ケアは、スキンケアの基本です。


保湿ケアは、化粧水と乳液などで行います。


お肌の乾燥する「 度合い 」にあわせて適切な化粧品を選びましょう。


一年で最も肌が乾燥しやい「 冬場 」や、普段からお肌が乾燥しやすい場合は、さらに
入念なお手入れが必要となります。しかも継続する必要があります。


また、目元や口元など部分的に乾燥が目出つ場合も同様です。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>






■より効果が高い保湿ケアとは?


より入念な保湿ケアが必要な場合は、しっかり化粧水で水分を補給し、「 美容液 」や
「 保湿クリーム 」でしっかりお手入れすることで確実に乾燥を抑えてくれます。


もしかすると面倒に感じるかもしれませんが、これまで乾燥しがちだったお肌の潤いを
取り戻すことで、「 肌劣化 」をしっかり抑えてくれるので、見た目が若返ります。


美容液や保湿クリームは1日2回を目安に使用するとよいでしょう。


夜寝る前、朝お化粧する前が効果的です。


特に冬場は保湿クリームを塗ればお肌の乾燥防止になります。





■入浴剤は美容と健康に効く!


お顔だけでなく、全身に潤いを与える必要が有る方は入浴剤がオススメです。


お風呂に入浴剤を入れるだけで、お肌がしっとり潤い乾燥を抑えてくれます。


またリラックス効果も高いので、夜ぐっすり眠ることが出来ます。


入浴剤は美容だけでなく健康にもいいのでオススメです。


また背中など、部位によっては美容液や保湿クリームは塗りにくいです。


ですので、全身が乾燥しやすい方には入浴剤が断然オススメです!


小さなお子さんや高齢をめした方のように、自分で保湿クリームを塗る事ができない方
には、入浴剤を使用すれば入浴と同時に保湿ケアができるので一石二鳥です。


また自宅から一歩外に出れば、ほこりや乾燥、紫外線などにより、肌トラブルが起こり
やすくなりますので、外出するさいには、乳液やクリームをつけましょう!


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »