「30歳を過ぎたら要注意!」



女性の場合30歳を過ぎるとどうしても「 頬 」や、「 目のまわり 」、「 額 」などに褐色の色素
沈着が目立つようになりますが、これら全てがいわゆる「 しみ 」なんです。


シミは、「 肝斑(かんぱん) 」とも呼ばれていますが、頭に肝臓の肝がついているので肝臓
の疾病と勘違いされている方が少なくありません。しかし、全く関係ありません。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





「なぜしみは出来るのか?」



シミは左右の頬にかけて広がる傾向が強く、一般的に紫外線を浴びることによってメラニン
が大量に生成され、ホルモンの分泌に異常が生じることが原因とされています。


また、それ以外にも「妊娠」、「月経不順」、「更年期」などが原因となるケースもあります。
しかし、妊娠にともなうシミは、分娩後に消える可能性が高いので心配いりません。


紫外線対策は夏だけのものと考えている女性が多いですが、 冬でも晴れた日には大量の
紫外線を浴びるので、紫外線対策は一年を通して行うものと心得るべきです。





「おおげさくらいが丁度いい!」



どうしても直射日光にあたると「しみ」の症状を誘発します。


すでに「 しみ 」がある場合でも、その症状をさらに悪化させるので、外出のさいだけでなく、
洗濯物を干すときなども十分注意する必要があります。それくらい深刻なんです。


「そんなおおげさな...」と思われるかもしれませんが、ことシミに関してはおおげさなくらいが
ちょうどいいんです。紫外線は徹底的に避けるように心掛けてください。





「紫外線対策について!」



具体的な紫外線対策についてですが、ベランダに洗濯物をほす場合でも帽子やサングラス
の使用、ファンデーション、日焼け止めクリームは、欠かさずつけるようにしましょう。


とくに日差しがきつい夏場には日焼けどめクリームを1日2回はつけるべきです。


というのも「しみ」には、これといった特効薬が市販されていないからです。


ただし弱い副腎皮質ホルモン外用薬や、ハイドロキノンクリームは効果が比較的高いです。
サプリメントなどでビタミンC、Eを摂取したり、漢方薬治療なども効果が高いです。





「シミの治療は根気が必要!」



女性にとって「しみ」は、もっとも大きな肌トラブルの一つですから、適切なケアがなによりも
重要です。というのも、「しみ」と「しわ」は年齢とともに確実に増えてくるからです。


しみの治療は一朝一夕というわけにはいきません。かなりの根気が必要となります。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »