■こんな肌トラブルには要注意


肌のトラブルは、必ずしも「皮膚」にあらわれるとは限りません。発疹などの症状は
一切ないにもかかわらず、全身に不快なかゆみが生じることも少なくありません。


油断できないのが全身にかゆみが生じた場合です。


単なる肌トラブルではすまない場合があります。例えば、かゆみ以外にも「むくみ」
が生じたり、ある日を境に急に疲れやすくなったら要注意です。


そのほかにも、これまでなかった症状が急にでてくることがあります。


場合によっては、あまりにも突然のことで、どのように「反応」して良いのか分から
ずに、パニックになってしまうこともありますので、要注意です。


全身性の疾患の可能性があありますので、適切な科で受診しましょう。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>






■肌トラブルを超えた病気について


発疹がないにもかかわらず、全身性のかゆみが生じるケースで疑われる「 病気 」と、
その症状については、以下のとおりとなっています。



(1)黄疸が現れ、全身がだるい場合「 肝硬変 」の可能性があります。


(2)黄疸が現れ、腹痛が生じた場合は、「胆石症」の可能性があります。


これら2つの病気の疑いがある場合は、内科もしくは消化器科を受診しましょう。
慢性化すると非常にやっかいですので、すぐに診てもらいましょう。




(3)「太り過ぎ」「口がかわく」「だるい」場合「糖尿病」の可能性があります。


(4)足の親指にの痛みが生じた場合、「高尿酸血症」「通風」の可能性があります。


これら2つの病気の疑いがある場合は、内科を受診しましょう。
一度患うとほぼ永遠につきあうことになりますので、要注意です。



(5)冬に皮膚が乾燥するという場合、「老人性ようしょう」の可能性があります。
   「老人性ようしょう」は、とくに50歳以上の方に多くみられます。


(6)治療の際に 「抗生物質」「アスピリン」などを服用することによって、急に
   発疹が出る場合があり、この場合「薬物アレルギー」が可能性があります。
  


これらの症状が現れたら皮膚科で受診しましょう!





■そのほかの危険な症状について


むくみ、食欲不振が生じた場合、「慢性腎不全」の可能性があるので要注意です。


この場合、内科または泌尿器科を受診します。


発症するケースは決して多くないですが「神経症」の症状が現れる場合があります。


精神的ストレスに悩まされるケースが多く、また頭部にかゆみが現れます。


こうした場合は、すぐに精神科を受診します。


油断している隙に症状が悪化する可能性が非常に高いです。


ですので、ガマンしないでできるだ早い段階で受診するように心掛けてください。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »