「美白化粧品はシミに効かない?」



紫外線が厄介なのは、ダメージが蓄積されることです。このため何でもないと思っていたのが、
ある日突然シミやシワが現れます。その直接的な原因がメラニン色素の増大です。


このメラニンが増大するのを抑えることによって、効果的なシミ・シワ対策が可能となります!。
少しでもシミが目立たないようにと、美白成分が配合された化粧品を利用される方も多いです。


確かにこれらの成分には、メラニン色素の増大を抑える働きがありますが、メラニン色素だけが、
シミの原因ではありませんので、残念ながらシミが薄くなる効果は期待できません。



「日常的な紫外線対策を心がけよう!」



ですので、日焼けしてメラニンが増えても、後で美白化粧品を使えば大丈夫というわけにはいか
ないので、しっかり紫外線対策を行うなど、日常的にケアする必要があります。



「適度な紫外線は健康のためによい?!」



テレビの情報番組などで、太陽を浴びるのは健康に良いといわれています。これは紫外線により、
皮膚にビタミンDが作られることで、骨に含まれるカルシウムを増大させる働きがあるからです。


しかし、実際に必要とされるのは、ごく微量です。日焼け止め化粧品を塗ったうえで万全な紫外線
対策を行ったとしても、必ず紫外線を浴びます。この程度の紫外線を浴びるだけで十分なんです。


同じように骨粗鬆症にならないために日光を良く浴びろといわれますが、骨粗鬆症の直接の原因は、
女性ホルモンの減少と運動不足であって、日光やカルシウム不足ではありません。紫外線対策を
しっかり行ったうえで適度な運動を心がければ心配する必要はありません。



「紫外線によるダメージは着実に蓄積されます」



広告などの影響からか、紫外線というと夏だけのものと誤解されている方が少なくありません。夏の
強い日差しと異なり、冬の日差しは熱さを特に感じないので無防備となるのも無理もありません。


しかし、先に述べた通り、紫外線によるダメージは蓄積されますので、紫外線を浴びてないと思って
いても、1年を通じてかなりの量を浴びることになります。これがシミに大きく影響します。


女性の場合、年齢や職業に関係なく通勤・通学、買い物、洗濯、ゴミ出し、幼稚園の送り迎えといった
日常生活におけるちょっとした外出程度でも年間にすれば大量の紫外線を浴びたことになります。



「紫外線対策を習慣化して本気の美肌対策を!」



ですので、面倒かもしれませんが、シミ対策のためと思って、紫外線対策をこまめに行いましょう!。
こうしたちょっとした積み重ねが美肌をつくりますので、是非習慣化することを心がけてください。




美白 アンチエイジング
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »