「寝ている間にお肌は生まれ変わる?」


どんなに高額な化粧品を使っても肌老化を抑えるのは限界があります。もし若々しいお肌
と身体を手に入れたいのなら、バランスの取れた食事や適度な運動は欠かせません。


そして、もう一つ大切なことがあります。それは「睡眠」です。残念ながら寝不足によって
荒れたお肌に高額な化粧品を使っても肌老化を抑えることはできません。


人間は寝ている間に身体の細胞が再生しますので、ターンオーバーの起点となる細胞の
再生を効率よく促すには適度な睡眠がどうしても必要なので夜更かしは大敵です!。



「なぜ美肌に睡眠が必要なのか?」


人間が活動すると血液の大半は脳へと流れるため、栄養素が脳へと集中します。このため、
起きている間は、お肌に栄養素が流れないので、なおさらのこと睡眠が必要となります。


寝ている間に全身に血液がいきわたることによって細胞分裂します。お肌も例外ではありま
せん。寝不足で肌が荒れたりするのは、十分に細胞が再生しないことが原因です。


平日は仕事で遅くなるのでどうしても夜更かしちがちです。このため平日の疲れを取ろうと、
週末は昼過ぎまで寝てしまう人がいますが、寝溜めはかえって逆効果となります。



「悪い睡眠方法とは?」


人によっては疲れがとれると感じる方もいるかもしれませんが、寝過ぎるとかえって疲れが
とれにくく、また、お肌の細胞の再生が不十分なので肌老化は進みます。


また、一回あたりの睡眠を短くするために複数にわけて睡眠時間を取る人もいますが、これ
はさらに肌の再生が不十分です。余計に肌老化が進むので、しっかり寝るのが大切です。


最低でも6時間以上は寝ましょう。勿論長くねれば良いわけではなく、睡眠の質も大切です。
とくに寝はじめの3時間に成長ホルモンが分泌されるので、深い眠りを心がけましょう。


「30過ぎて初めて肌を褒められた♪」 秘密のクリーム >>



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »