「肌あれの原因とは?!」


女性のお肌はとにかくデリケートです。昨日まですごくいい状態だったのに、今日になったら、
前日にも使った美容液がしみてしまい、ヒリヒリとお肌が痛むことがあります。


こうした症状は、お肌を保護する働きが低下していることが原因です。季節に関係なく、不規則
な生活をや加齢によって保湿に欠かすことができないセラミドが減少します。


そうなると必然的に角質層のバランスが崩れることとなり、外部の刺激に対して抵抗力がなく
なるため、刺激をもろに受けてしまうことになります。ですので、痛みを感じることとなります。



「肌あれに効くケアについて」


肌あれがさらに進むと外出時に風が頬をかすめるだけで痛みを感じるようになります。そうなら
ないためにも、しっかりとした肌あれに対するケアが必要となります。


美容液ですらしみるようなときには使用するのを控えてください。出来るだけ早く肌あれを解消
するためにも、保湿成分が配合されているクリームがオススメです。


紫外線対策として常時日焼け止めを使用している方は、パウダーファンデーションを使用される
と良いでしょう。お肌に与える負担が少ないので、肌あれの症状の改善が早まります。



「肌あれ時のスキンケアについて」


肌あれしているときのスキンケアは、お肌にあたえる負担を抑えるために最小限にとどめるべき
です。朝は化粧水の使用を控え、その代わりに保湿クリームを使用します。もし保湿クリームが
しみるようでしたら油分が多く含まれているワセリンを使ってください。


そして外出する際には、保湿クリームやワセリンを使った上からパウダーファンデーションを使い
ます。お肌にあたえる刺激を抑えながらも、しっかり紫外線から守ってくれます。


夜は、洗顔した後に保湿クリームを塗るだけで十分です。お肌にあたえる刺激が強すぎるので、
クレンジング料の使用は控えてください。肌あれが改善されたら普段どおりに戻しましょう。


「30過ぎて初めて肌を褒められた♪」 秘密のクリーム >>



美白 アンチエイジング
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »