「ただ寝れば良いというものではない?」


睡眠不足はお肌の大敵です。若いからといって長期的な睡眠不足に陥ると、ちょっとした
肌あれを起こす程度ではすみません。大切な成長ホルモンの分泌を悪化させます。


この結果としてお肌の劣化を著しく促すこととなります。健康を維持するために6~7時間
程度の睡眠が必要ですが、ただ闇雲に6~7時間寝れば良いというわけではありません。


理想をいえば午後10時から午前2時までの間にしっかり熟睡していることが望まれます。
この時間帯に熟睡すると、もっともお肌を再生させる働きが活発化するからです。



「理想の睡眠時間帯とは?」


しかし、仕事などで忙しい現代人にとって、午後10前に就寝する生活は極めて困難です。
ですので、せめて午前0時から午前0時半の間に就寝されることを強くオススメします。


また、成長ホルモンは規則正しい生活によって正常に分泌されます。不規則な生活が続く
とこうした働きが低下しますので、常に同じ時間帯に就寝されることが望まれます。


そうすることによって、ホルモンの分泌がスムーズに行われます。しかし、そうはいっても、
色々な理由から毎日同じ時間帯に寝ることさえ難しいという人が多いと思います。



「すぐに寝れるようにするには?」


布団に入ればすぐに眠れるようにするためにちょっとしたコツを伝授させていただきます。
寝る一時間前から証明を弱くすると、眠りを誘うメラトニンというホルモンが分泌されます。


証明の光を弱めに設定してやり、ストレッチなどの軽い運動を行なうと身体がリラックスし、
スムーズに眠りに入ることができます。また、ちょっとしたダイエット効果も期待できます。


深い眠りによって疲れも良く取れるようになります。ヤフーやグーグルで就寝前 ストレッチ
と入力すると色々な情報が抽出されます。是非毎日の生活に取り入れてみて下さい。


「30過ぎて初めて肌を褒められた♪」 秘密のクリーム >>



美白 アンチエイジング
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »