「 進化するUVケア製品 」



UVケア製品選びを適当にしてしまうと期待しているような効果が得られませんので注意が
必要です。ほんの数年前まで本当に劣悪な製品が多かったんです。


顔に塗ると真っ白になり、極端に伸びが悪いためムラになりやすいものが大半でしたので、
日常的に使用するのをためらってしまい、UVケアの浸透を大きく妨げました。


しかし 最近のUVケア製品は伸びがいいので、ムラにも白くなりません。なぜこれほどまで
に進化したのでしょうか?それは、配合されている成分の粒子を小さくできたからです。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>






「 ナノ化=良いとは限らない! 」



紫外線反射成分である酸化チタンなどをナノ化することに成功したため、塗ってもムラになり
づらく、しかも白浮きを抑えてくれるので、目的を選ばず日常的に使えるようになりました。


最近では「ナノ化化粧品」を店頭でも良くみかけますが、ナノ化=良い製品とは限らないので、
注意する必要があります。UVケア製品の効果を例にあげて説明させていただきます


ナノ化によって紫外線反射のための物質が極小化することに成功し、お肌の中に入り込んで
いるため、す~っと肌のうえを伸びるようになり、しかも白浮きしなくなりました。





「 ナノ化化粧品は避けましょう! 」



これにより、これまでのUVケア製品の問題は全てクリアされたわけですが、健康被害の問題
があらたに浮上しています。紫外線対策のためにお肌がボロボロになっては本末転倒です。


なぜナノ化化粧品は、このような問題が起こりえるのかといいますと、お肌に深く浸透しすぎる
ため、真皮組織にまで影響を及ぼしかねないからです。これは当然大きな問題となります。


事実世界的なオーガニック認証団体の中には、ナノ技術の利用を禁じているところも少なくあり
ませんおで、できるだけナノ化をしていない安全性の高いUVケア製品を使用しましょう。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>




美白 アンチエイジング
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |