「生理前は日焼けしやすいので要注意!」


基本的に生理前は、 ホルモンバランスの変化によって、お肌が紫外線の影響を受けやすい
状態にあります。しかもメラニンの生成がもっとも活発化する状態でもあります。


ですので当然のことながら普段のUVケアだけでは十分ではありません。より入念な紫外線
対策を行う必要があります。これを徹底することで肌劣化を大幅に抑えられます。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





「より入念な紫外線対策を!」


紫外線対策の基本中の基本である日焼け止めをしっかり丁寧に塗ります。また、UV機能が
ついた衣類や、帽子をかぶるなどして、出来るだけお肌が露出しないように心がけて下さい。


実は意外と知られていませんが、目に入った紫外線が目の細胞を傷つけます。そうすると、
脳にメラニンの生成を活発化させるように指令がいくので、日焼けしやすくなります。


ですので、よりUVケアの効果を高めるためにも、外出時にはUVカット機能のあるサングラス
などを着用するようにしましょう。お肌と目の両方をいたわることができます。





「究極の紫外線対策とは?!」


そして、メラニンの生成を抑える効果が高いとされる「アスタキサンチン」や、美白効果が期待
できる「ビタミンC」のサプリなどを摂取して、内側から紫外線対策をするのもおすすめです。


話は変わりますが、もしピルを長期的に渡って服用されている方は、人工的に黄体ホルモン
が優位な状態が作り出されているので、より入念な紫外線対策が必要になります。


夏に限らず生理前は、より徹底した紫外線対策が必要です!


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »