「美肌対策は生理周期を知ることから始まります!」


生理によってホルモンの分泌が変化するので、 当然のことながらお肌に与える影響は決して
小さくありません。特に紫外線に関しては十分注意する必要があります。


今回は生理周期に紫外線対策について解説させて頂きます。生理周期は約28日間の周期
で変化します。その周期は「卵胞期」、「黄体期」、「月経期」の3つに分かれます。


30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





「生理周期をつくる二つのホルモン」


生理周期を作るのが、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)でして、
これら二つが卵巣から分泌され、生理1週間前は身体が黄体ホルモンが強く影響します。


この生理前に多く分泌される黄体ホルモンが紫外線を吸収しやすくします。





「肌のバリア機能低下による肌荒れに注意!」


生理前に肌荒れがおこりやすい原因が黄体ホルモンです。これによって、肌のバリア機能が
著しく低下するだけでなく、皮脂の分泌が活発化するため肌荒れがおこりやすくなります。


そして、肌荒れがおこると、お肌の状態が良いときよりも紫外線の影響を受けやすくなります。





「メラニン色素生成増加でシミの原因に!」


お肌が不安定な状態になると必然的にお肌を守るためにメラニン色素の生成が活発化する
ので、紫外線の吸収が高まることから、シミやしわになりやすいので注意が必要です。





「イライラやストレスによる問題!」


黄体ホルモンが分泌されるて影響を受けるのはお肌だけではありません。急にイライラしたり、
かと思えば、いつのまにか気持ちが落ち込んだりと精神的な面でも大きく影響します。


そうなると必然的にストレスが溜まりやすくなるわけですが、ストレスはお肌に良い影響を与え
ることはありません。ストレスにより副腎皮質ホルモンというホルモンが分泌されるからです。


副腎皮質ホルモンは、しみの原因であるメラニンの色素の生成を活発化する働きがあります。
心とカラダのバランスを上手に取るためにも生理周期に合わせて日常生活を送りましょう。


シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »