「洗顔は強く擦っては駄目!」


汚れが落ちる洗顔料を使って力強く擦れば、毛穴の中に入り込んだメイク料の汚れもしっかりと
落とせることでしょう。しかし、そうした洗顔方法を繰り返せば確実にお肌にダメージを与えます。


その代償は数年後に重くのしかかります。洗顔はできるだけ肌をこすらないようにしながら行い
ます。「そんなことできないわよ!」と思われるかもしれませんが、そのための洗顔料です。


自分では、できるだけ刺激を抑えるために優しく洗顔しいるつもりでも、こすりすぎている場合が
多いので注意が必要です。特に毛穴の汚れが気になる方は、こうした傾向が顕著です。



「できるだけ擦らずに洗顔するポイントとは?」


こすり過ぎで肌荒れになっては何のために洗顔しているのかわかりません。大切なお肌にいらぬ
ダメージを与えないために、洗顔料を適度に泡だてた状態にしてから使うのがポイントです。


十分に泡だてた状態にしてから洗顔すると泡がクッションとなって、良い感じの手と肌の距離感が
保てます。このため手が直接肌に触れなくても、しっかり洗顔することができます。


適度に泡立てるといっても、具体的にどの程度の大きさに泡立てれば良いのか迷われると思いま
すので、目安としては卵を手のひらにのせた状態をイメージして下さい。



「上手く泡立てることが出来ない場合は?!」


使用している洗顔料のタイプによっては、上手く泡立てることができない場合もあるかと思います。
そうした場合にオススメしたいのが、泡立てるためのネットやスポンジを使うことです。


個人的にオススメしたいのが無印良品で販売されている洗顔用泡立てネットです。158円と格安
ですし、見た目も良いので気に入ってます。これを使えば簡単に泡立てることができます。


最初のうちは面白くて、泡立てだけに目一杯時間をかけてましたが、その間に顔が乾燥してしまい、
その状態で洗顔しても肌が突っ張るだけなので、泡立ては出来るだけ簡単に済ませてください。


シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品「b.glen」 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »