「正しい洗顔のポイントとは?」



多くの女性が洗顔をないがしろにしています。メイク料のしつこい汚れを最終的に落とすのは洗顔
であって、クレンジングではありません。正しい洗顔をこころがけて肌老化を防ぎましょう。



■洗顔料の選び方

洗顔料は、「うるおい成分」、「弱酸性」といった洗い流したら何の意味もない余計な成分を含まない
ものを選びましょう。刺激も小さく適度な洗浄力がある固形石鹸タイプをオススメします。



■洗顔のさいに肌へのダメージを防ぐには?

適当に洗顔料を泡立てて、そのまま顔に擦りつけてゴシゴシやったら当然お肌を痛めます。卵大
の泡をつくりTゾーン、Uゾーン、目もと口元の順番に手が肌に触れないように泡を優しく広げます。



■すすぎのポイント

すすぎは、水ではなく体温程度のぬるま湯でおこないます。スピーディーに泡を流して下さい。



■汚れが落ちているか確認するには?

すすぎが終わっても皮脂や油分が膜のようにお肌に残っている場合は、肌の上が微妙にヌルヌル
しますので、軽く指で触れながら確かめます。ヌルヌルしていなければOKです。



■拭き取る際の注意点

拭き取るさいは、タオルを軽く顔に押し付けて水気を吸い取る感覚で拭き取ります。



洗顔のコツは何といっても擦らないことです。クレンジングにもいえることなんですが、こすることで
お肌に不必要な刺激を与えます。これでは、スキンケアとしての効果が台無しとなります。

このため、洗顔はこすらずにスピーディーに洗顔し、きれいに洗い流すのがポイントです。


シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品「b.glen」 >> 



美白 アンチエイジング
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |