「ケミカルピーリングで毛穴ケア」


たるみ毛穴は、文字通り加齢によってたるみが生じたことで毛穴が開いてしまう状態です。
放置すれば、たるみはさらに進行しますので、同時に毛穴の開き具合も拡大します。


有効なのがケミカルピーリングです。ケミカルピーリングにより、真皮に含まれるコラーゲン
を増やす効果があります。これにより、毛穴のゆるみをある程度防いでくれます。


しかし、残念ながら劇的に改善されることはありません。あくまでもこれ以上劣化させない
ようにするためのケアなので、拭き取りタイプではなく、洗い流すタイプをおすすめします。



「レチノール配合の化粧品での毛穴ケア」


レチノールを含んだ化粧品も毛穴ケアには有効です。レチノールは、体内でコラーゲンを
生成する作用を促進しますので、コラーゲンを増やす成分としては最強です!。


最強ゆえに肌がカサカサするトラブルが生じる可能性も十分あります。また、使い慣れて
いないうちは合わないと感じるかもしれませんが、肌に馴染んでくると効果がでてきます。


レチノールはビタミンAからできています。肌への浸透力が高く、真皮のコラーゲンに作用
するので効果は高いです。強すぎるのも問題ですが、弱すぎると効果が期待できません。


使い始めは使用頻度(三日に一度程度)を抑えながら使用し、慣れてきたら少しずつ増や
すと良いでしょう。刺激が強いので様子をみながら使用する必要があります。



「ビタミンC配合の化粧品で毛穴ケア」


コラーゲンを増やすことで肌劣化を抑えながら毛穴ケアするのであれば、ビタミンCも有効
です。ビタミンCにはコラーゲンを増やす作用だけでなく、皮脂抑制作用もあります。


ただし、ビタミンCのサプリメントを飲んでも高い効果は期待できません。やはり、ビタミンC
が配合されている化粧品を肌に浸透させるのが一番効果が高いです。


とくにビタミンCのイオン導入器を使用すると効果が高まりますので、おすすめです。今回
紹介した3つの毛穴ケア製品の中で一番お肌にやさしいのはビタミンCです!。



「肌劣化を抑えるには?」


年齢とともにお肌は劣化します。何もしなければ確実に劣化します!。見た目の若さと美しさが
問われる時代において、何もしないのは自殺行為としかいいようがありません。


バイオ基礎化粧品「b.glen」ならお肌の劣化を抑えるだけでなく、自然な美肌へ導いてくれます。
ワンランク上の基礎化粧品で質の高いスキンケアを始めてみませんか?。


話題のバイオ基礎化粧品「b.glen」 >> 



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »