「毛穴が開く仕組み」


女性は、生理が始まるころから男性ホルモンの分泌が活発化します。そして、どれにともなって
皮脂腺も大きくなり、20歳位までに性的な発育が止まるので皮脂腺の成長も止まります。


このため、10代で毛穴が徐々に開いていくのは、人間の体の構造上仕方がありません。しかし、
多くの方が毛穴が開いてしまった原因を誤解されています。このため間違ったケアを行います。


そして、さらに毛穴が開いてしまうといった悪循環に陥ります。基本的に洗顔の仕方が悪かった
程度で目に見えて毛穴が開くことはありません。原因は当然他にあります。



「毛穴の症状には色々ある?」


早い人で20代前半くらいで毛穴の開きが目立つ人がいますが、これは単に体内のコラーゲン
を生成する働きが後退したため、コラーゲンそのものが不足して「たるみ」が生じたためです。


たるみが生じると肌の弾力性が奪われるため、毛穴を支えられません。このため毛穴が開い
てしまいまうわけですが、こういった場合、毛穴だけをケアしても仕方がありません。


他にも「皮脂過剰毛穴」、「黒ずみ毛穴」などがありますが、これらは毛穴の開きと直接関係なく、
前者は皮脂が多くて毛穴に詰まった状態、後者は角質と混じって黒ずみのもとになります。



「まずは、お肌の状態を知る!」


上述した状態に肌がなっても毛穴そのものが大きくなったわけではありません。あくまでも毛穴
が余計に目立っただけです。ですので、いくら角栓を除去しても毛穴は小さくなりません。


例えば「毛穴パック」などを利用すれば、中につまっている汚れなどははキレイにとれますが、
けっして毛穴そのものが縮むことはありません。ただ単に毛穴の状態はそのままです。


ですので、毛穴の開きが気になるのであれば、お肌の状態をまず見極める必要があります!。
例えば「たるみ毛穴」なのに「黒積み毛穴」対策と同じことをやっても意味がありません。単純に
毛穴の汚れがキレイになるだけで、毛穴の開きはそのままですので、ご注意を。



「肌劣化を抑えるには?」


年齢とともにお肌は劣化します。何もしなければ確実に劣化します!。見た目の若さと美しさが
問われる時代において、何もしないのは自殺行為としかいいようがありません。


バイオ基礎化粧品「b.glen」ならお肌の劣化を抑えるだけでなく、自然な美肌へ導いてくれます。
ワンランク上の基礎化粧品で質の高いスキンケアを始めてみませんか?。


話題のバイオ基礎化粧品「b.glen」 >> 



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »