「お肌が潤うように保湿力を高める!」



洗顔後に使用する化粧水、美容液、美容クリームなどの基礎化粧品によって、スキンケアの効果
は大きく異なります。ですので、どういった基礎化粧品を選ぶかが非常に重要です。


過去には、お肌の潤いを維持するには、乳液やクリームを使って油分がお肌を覆うことによって、
もたらされると考える向きが強かったため、何でも塗りまくる間違ったスキンケアが横行しました。


最近になってようやく保湿力そのものを高めることが重要視されるようになり、化粧水をつけたあと
には、保湿成分が多く含まれている美容液を使うことによる保湿ケアが重要視されています。



「保湿力を高めて見た目の若さを維持!」



加齢が進むとともに、お肌に含まれる水分が減少するため、必然的に潤いがなくなります。これが
シワ、しみの原因になるわけでですが、これをカバーするために保湿力を高める必要があります。


そこで重要となるのが、化粧水を使用したあとに使う美容液です。化粧水の水分を飛ばさないため
にも、保湿成分が豊富に含まれている美容液を使用したスキンケアが有効です!。


基本的に20~40歳前後までは、これだけで十分です。もし、寒さが厳しい冬場に乾燥する場合は、
クリームや乳液を使用して、乾燥しがちな目もとや口元に適度な油分を補ってあげてください。



「40代後半からはクリームや乳液をプラス!」



残念ながら多くの女性が45歳を過ぎると老齢化を意識しなければならない現実に直面します。ホル
モンバランスが大きく変化するのもこの年代です。それにともなって肌の油分が減ります。


そして、閉経によってさらにこうした傾向が進むことになりますので、化粧水と美容液だけでは十分
ではありません。クリームや乳液を効果的に使って目もとや口元に油分を供給してあげましょう。


また、化粧水は価格が安いものでも問題ありませんので、タップリつけてあげてください。美容液は
使ったあとのうるおい感で選びましょう。これは年代に関係なく、基本となる考え方です。


シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品「b.glen」 >> 



美白 アンチエイジング
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|