「化粧水はそれほど重要ではない?」


化粧水は高価なものでなくてもかまいませんが、一回に使う料を多めにしてください。もちろん
ベースとなる保水力が肌に不足してれば、どんなに多く化粧水を含ませても意味がありません。


カラッカラに乾いた土の上に水をたらしても、すぐに吸収されてしまうのと同じで、お肌に必要
な保水力がなければ、どんなに化粧水を多めに含ませても意味がありません。


ですので、人によっては化粧水を軽視する向きもありますが、化粧水は美肌効果の高いとされる
成分をお肌に効果的に与えるためのスキンケアとして欠かすことのできないものです。



「効果的な化粧水の使い方とは?」


化粧水を使用することで効果的にお肌に浸透させることが可能とされる美肌成分の代表的なもの
として「ビタミンC誘導体」や「ナイアシン」といった水溶性の美肌成分があげられます。


これらの成分について軽く触れさせてください。まず、「ビタミンC誘導体」についてですが、こちら
はコラーゲンの生成が促進することによって、自然とお肌に必要とされる保水力が高まります。


一方、「ナイアシン」は、ビタミンB3とも呼ばれていまして、海外では統合失調症を緩和する働きが
高いとされ、にきびなどの肌トラブルの改善など美肌に役立つ働きなども含まれています。



「化粧水を選ぶポイントとは?」


化粧水を選ぶポイントについてですが、上述したとおり、どんなに美肌成分が沢山配合されていてる
化粧水を使っても肌への効果が確かでないものであれば、いくら使っても効果は得られません。


化粧水は保水するためのものとされていますが、ベースとなる保水力がなければ効果は期待できま
せん。そのベースとなる保水力を高めてくれる成分が「ビタミンC誘導体」と「ナイアシン」です。


ですので、「ビタミンC誘導体」と「ナイアシン」が豊富に配合されていて、なおかつ使用感が良い物を
選びましょう。そうしたうえで毎回沢山お肌に含ませることで美肌効果を高めることができます。


シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品「b.glen」 >> 



美白 アンチエイジング
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|