「年齢とともに保湿力が低下する」


年齢とともに肌本来の保湿力が失われます。保湿力とは角質層の中でセラミドなどの保湿成分
を生成する力です。本来であれば角質層の中で約20%の水分が保たれた状態にあります。


しかし、年齢とともに保湿力が衰えることから、同時に水分を維持する力が衰えます。そうなると
どうなるのか?。いわゆる乾燥肌の状態になり、様々な肌トラブルの原因になります。


まず乾燥肌になると必然的に角質層が厚くなります。肌を守ろうとする力が活発化するためです。
肌が乾燥すると通常よりも角化が進みます。角化とは角質細胞ができる過程のことです。



「肌トラブルの原因はズバリこれ!」

角化が進むと中途半端な状態の角質細胞が急速に増えてしまうため、角質層が厚くなってしまい
ます。一見よさそうに思えるかもしれませんが、そうなると肌本来の抵抗力が失われます。


そうなると必然的に外部からの刺激を受けやすい状態となってしまうので、敏感肌になってしまう
わけです。未発達な角質細胞は外部の刺激を守りきれれませんので、肌の表面はカサつきます。


こういった状態を改善しようと思って化粧水や美容液をつけると刺激が強すぎて痛みが酷く、赤く
ただれてしまうケースも少なくありません。角化が極端に進むと負の悪循環におちいります。



「肌トラブルを改善させるには?」


保湿力が失われると様々な肌トラブルを引き起こしますので、年齢とともに保湿力を高める成分
を補ってやる必要があります。保湿力を高める成分としてセラミドやヒアルロン酸があります。


これらが配合されている美容液を使うことで次第に保湿力が改善されます。よく乾燥肌の女性が
コラーゲンが配合されている美容液を使用しますが、残念ながら効果は低いです。


コラーゲンそのものが大きすぎるため角質層に入っていかないためです。コラーゲンを生成する
働きを活発化するためにも、セラミドなどの成分を効果的に補ってやる必要があります。


「30過ぎて初めて肌を褒められた♪」 秘密のクリーム >>



美白 アンチエイジング
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |