「シミに美白ケアが効かない?」


毎日鏡で自分の顔を見ているはずなのに、ある日突然「こんなにシミが増えている」といった具合
にシミが気になり始めます。そして、慌てて美白化粧品を買い求めるわけです。


しかし、美白化粧品の大半は初期段階にあるシミの進行を抑えるものであって、完全に定着して
しまったシミを改善する効果は残念ながらそれほど高くありません。


そもそもなぜシミになるのかといえば、日焼けによって紫外線が長期間に渡って体内に蓄積され、
メラニンが大量発生するからでして、その過程で適切な美白ケアを行えばシミは未然に防げます。



「シミが改善されない理由とは?」


多くの女性はメディアの影響から、夏場は紫外線対策として美白ケアをある程度忠実に行なって
くれるのですが、冬場は限りなくゼロです。しかし、冬も大量の紫外線を浴びています。


紫外線を浴び続けることで「老人性色素斑」というシミができます。これが多くの女性を苦しめる
シミの代表です。これは、皮膚の構造自体がすでに変化してしまったためにできます。


美白化粧品は、メラニンが増えるのを抑える働きがありますが、メラニンが過剰に発生した後で
出来る「老人性色素斑」を改善することは困難ですので注意が必要です。



「シミを未然に防ぐには?」


いくら高価な美白化粧品を使用しても、一向にシミが改善されないといった負のスパイラルに陥る
ことは避けなければなりません。ですので、美容皮膚科で相談するのも一つの手です。


シミの状態をきちんと説明してくれますし、改善するための方法も指南してくれますので、症状が
酷いのであれば、プロに頼るのが一番です。しかし、できれば未然にシミを防ぎたいものです。


では、何を注意すれば良いのか?。しっかりと紫外線対策を行うことで出来るだけメラニンが増え
るのを抑えることでです。そそれだけでシミが発生するのを劇的に抑えることができます。


「30過ぎて初めて肌を褒められた♪」 秘密のクリーム >>



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »