『クレンジングの注意点』



クレンジングは、女性が考えている以上にお肌にダメージを与えますので、ただ単に「メイクがキレイ
に落とせれば良い」といった感じでクレンジング料を選んでしまうと将来的に痛い目にあいます。


もちろんメイクが残ってしまったら、それこそお肌にダメージを与えてしまいますので、確実に落として
しまった方がいいわけですが、出来るだけ刺激が弱いクレンジング料を選ぶ必要があります。



『なぜクレンジングが必要なのか?』



クレンジングは本来メイクを落とすためのものですが、多くの場合油性であるため、油分を乳化しなけ
ればならないため、どんなに頑張って水や洗顔料だけではキレイに落とすことができません。


そのためにクレンジング料が必要となります。クレンジングには油分を乳化するのに必要とされる界面
活性剤という成分が含まれています。この界面活性剤がお肌にかなり強い刺激を与えます。



『クレンジング料を選ぶポイントとは?』



お肌へのダメージを極力避けるためにもクレンジング料の選び方が重要になりますが、特にポイントと
なるのが、クリーム、ジェル、リキッドといった形状です。これには特別な理由があります。


先に述べたとおり、クレンジングはメイクに含まれる脂分を乳化するために、界面活性剤が含まれている
わけですが、その割合に応じて形状が異なるので、形状によってある程度の刺激が分かります。


肌にやさしい順に並べると「クリームタイプ」、「ミルクタイプ」、「乳化ジェルタイプ」、「透明ジェルタイプ」、
「リキッドタイプ」、「オイルタイプ」、「拭き取りタイプ」となります。


シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品「b.glen」 >>



美白 アンチエイジング
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »