「クレンジング料を選ぶポイント」


よく「簡単クレンジング」と称して拭き取りタイプのクレンジングの広告を目にします。確かに
忙しい方にとっては重宝しますが、拭き取りのさいに肌をこすることで強い刺激を与えます。


クレンジング料には色々な種類がありますが、その中でも比較的刺激が弱くメイクの汚れを
落とせるのがクリームタイプです。また、それぞれのクレンジング料の特徴について以下の
とおり、お肌に与える刺激が少ない順番に解説させていただきました。



■クリームタイプ

クリームタイプは、その性質上お肌を強く擦らずにすむため、ダメージを最小限で抑えることが
できます。しかも油分と水分のバランスが非常に良いのでメイクの汚れが浮かせやすいため、
比較的キレイにメイクの汚れを落とすことができるのが大きなメリットです。



■ミルクタイプ

ミルクタイムは水分が比較的多いためメイク料と離反しやすので落ちがいまいちです。このため、
メイクが濃い方には向いていません。お肌に与えるダメージは小さくても特別肌にやさしいわけ
ではないので、もし洗浄力をとるのであればミルクタイプは不向きです。



■ジェルタイプ

ジェルタイプのものは、界面活性剤が他のタイプのものよりも比較的多く含まれていますので、
メイク量の洗浄力もかなり高いです。心配されるのは、お肌への刺激ですが、乳化ジェルタイプ
であれば、それほど刺激も強くありませんので、安心してご利用いただけます。



■リキッドタイプ

リキッドタイプは、油分が少ないのでメイクの洗浄力を高めるために界面活性剤が多く含まれて
いるケースが少なくありません。使用する際に肌へのひっかかりが少なく無いので、お肌への
刺激は決して小さいとはいえませんので、刺激が気になる方は控えて下さい。
 


■オイルタイプ

オイルタイプは、その名のとおり油分を沢山含んでいますので、メイクそのものの汚れを落とす力
は確かに高いのですが、油そのものがお肌に残っしまうので、界面活性剤を多くまれています。
お肌への刺激がどうしても大きくなりますので、この点が大きなデメリットです。



■拭き取りタイプ

拭き取りタイプは、最近テレビCMなどで見かけますが、シートで擦って拭き取るため、油分がほと
んど含まれていません。その代わりに界面活性剤が多く含まれていますので、メイク汚れはそれ
なりに落ちますが、拭き取るさいにおもいっきりダメージをあたえてしまうのが難点です。

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品「b.glen」 >>




美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »