「細胞レベルから活性化させる!」


いつまでも若々しいお肌を保つには保水力がカギとなります。保水力が高ければ、ハリがある
みずみずしい肌を維持することが出来ますが、残念ながら年齢とともに保水力が低下します


保水力を高めるには、「細胞内液」を増やすことが非常に大切です。細胞内液を増やす方法は、
とっても簡単なんですが、ある程度継続して行わなければなりません。


人間の体は60兆個の細胞で構成されてます。お肌の皮膚も細胞が新陳代謝を繰り返すので、
当然のことながら、細胞が劣化することによって、お肌も衰えが生じすることになります。

シミ、しわは絶対にあきらめないで!バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>





「細胞レベルにまで水分を浸透させる」



細胞には「細胞内液」と「細胞外液」の2つの水分があり、細胞内液は、細胞の内側にある水分
のことで、細胞外液は、細胞と細胞の間にある水分で、これらがお肌の潤いに欠かせません。


外から水分をとっても、細胞レベルにまで水分が浸透しないと、お肌に潤いません。ですので、
細胞内液を増やすことによって、プルプル潤ったツルスベ美肌を手に入れる近道なんです。


そして、細胞内液をできるだけ長く保ち続けることができれば、必然的に保水力も高くなります。
また、細胞内液を増やす方法についてですが、細胞を元気にするのがポイントです!





「体を温めるのが美肌の基本のキホン」


細胞を元気にするには細胞内液がどうしても必要なんです。栄養不足でやせ細ってしまってる
細胞が元気に動くはずもありません。細胞が元気を取り戻すために細胞内液となります。


そのための一つのポイントとなるのが、体を温めることです。体温が上昇することにより、胃腸
や細胞の働きがよくなりますので、必然的に水分の吸収率が高まります。


そうなると次第に血液から細胞へ水分の補給がスムーズに行なわれます。反対に体が冷えて
しまうと、細胞の働きが次第に後退し、水分の吸収がスムーズに行えなくなります。


吸収できなかった水分は、細胞外液となるか、排出されてしまうことになります。ですので、効率
よく体を温めるだけで、体の調子や代謝を高めることができ、細胞を活性化することができます。

30歳からのアンチエイジング! バイオ基礎化粧品 【b.glen】 >>


美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »