「何もしなければ肌老化は進みます」


何もしないていないのに若さを保てたりスリムな体型をキープできる方が稀にいますが、
ですので、残念ながら大抵の場合、何もしなければそれなりの結果しか得られません。


年齢とともに肌老化が進むと自然と肌のハリを失います。主な原因はコラーゲンの減少、
そして、表情筋が衰えたことによって肌からハリが奪われることになります。


コラーゲンの減少を抑えることもできますし、表情筋を鍛えることによって、衰えを抑える
こともできますので、適切なケアを行う前に、どうありたいか強く望まなければなりません。



「なぜコラーゲンは減少するのか?」


お肌にハリを与えるコラーゲンは年齢とともに減少します。正確にいえば体内でコラーゲン
を生成する働きが年齢とともに弱まるので、必然的にコラーゲンが減少します。


このコラーゲンを生成する働きが弱まるとコラーゲンの量が減るだけでなく、コラーゲンの
質そのものが次第に悪化しますので、お肌の弾力性が奪われ、ハリがなくなるわけです。


その結果として肌がたるみます。多くの方がコラーゲンを効果的に取り入れようと、美容液
やサプリメントを使ってケアするのですが、その多くが間違っているため効果は薄いです。



「表情筋が衰える原因とは?」


表情筋は40種類以上あります。しかし、毎日の生活の中で実際に動かしているのは30%
程度なので、加齢によって筋力が低下することによって肌のハリを保てなくなります。


そして、表情も乏しくなるとさらに衰えることになりますので、肌がよりたるみやすくなります。
また、必要な栄養素を取らずに行う危険なダイエットも確実に肌のハリを奪います。


短期間に体重が激減すると筋力も落ちてしまいます。しかも、減った皮下脂肪がにお肌が
追いつかないため、余ってしまうことから、見た目にもよくないたるみが生じてしまいます。


「30過ぎて初めて肌を褒められた♪」 秘密のクリーム >>



美白 アンチエイジング
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »